初めての相談でも大丈夫!工務店を活用したい人に有益な情報を詳しく紹介

このサイトでは工務店を活用したい方に向けて有益な情報をできる限り詳しくご紹介しています。
初めて相談する方は勝手がわからず、これで良いのか疑問に思う事が多々あるかもしれません。
依頼したはいいけれど、どんな内容でどのように進められていくのかわからないと不安に感じる事も。
希望を伝えられずに言われるがまま進めてしまうと後悔する事も考えられます。
初めての依頼でも求めている家づくりをサポートしてもらえるように、知っておきたい情報をお届けします。

初めての相談でも大丈夫!工務店を活用したい人に有益な情報を詳しく紹介

工務店を決める時に複数の会社に見積もりを依頼して比較検討します。
この時の見積もりは大まかな内容が知れる概算見積もりです。
その後1社に絞られたら、今度は詳細見積もりを作成してもらいます。
詳細見積もりは細かな事が記載されているため、建物本体の費用はもちろん、付帯工事費や諸経費等についても内訳までしっかり確認します。
目を通して疑問に思った点や不明点は質問しておきましょう。
工務店を活用するならまずは見積もり内容にしっかり目を通すことが大切です。

自分の要望を叶えてくれる工務店の探し方

快適で理想的な注文住宅を建てたいと思うのであれば、信頼でき自分の要望をしっかりとかなえてくれるハウスメーカーおよび工務店しっかりとかなえてくれるところを見つける必要があります。
では、どのような探し方が望ましいのでしょうか?いろんな探し方がありますが、WEBを使った検索が一番便利です。
基本的に工務店は住宅展示場がありませんので、WEBを使って工務店紹介サイトから探す方法がおすすめです。
複数の工務店の情報をまとめて得ることが出来るサイトがありますが、そこではエリアごとに建築家を探すことが出来たり、予算や写真などから事例を絞って探すことが出来ます。
ほかにも、自分の友人や知人に聴くという方法もありますが、実際にそこに依頼した人の意見を見聞きすることでイメージがわきやすいですので、紹介ですから安心できます。
気になるところが見つかったならまずは、要望をきちんと伝えて何度か話をしてから依頼するなら理想の家が完成します。

工務店に依頼するまでの基本的な流れ

注文住宅を建てる時に工務店に依頼をするためには、まず最初に自分たちがどのような家を建てるのかをよく考えることからスタートします。
ただ漠然と素敵な家に住みたいというイメージだけではなく、家族構成やライフスタイルなどを考慮して、情報収集や具体的なプランを立てておくことも大切です。
また、費用についても資金計画をしっかりと立てて、土地の購入費用や諸経費なども含めてトータルでかかる総額を計算しておきます。
建築費用にかけられるコストを具体的に決めたら、費用の準備も始めておくようにしましょう。
土地が決まっていない人は土地探しもスタートしておくと、工務店に依頼する時にスムーズです。
その後、土地の特徴やさまざまな条件から自分たちに最適な工務店を探して依頼をする流れとなります。
土地探しについては、自分たちで決めきれない時には、地域密着の情報を元に土地探しのサポートも行っている工務店に相談してみるのも一つの方法です。

工務店と契約した後の一般的なフロー

建物を建築する土台になる土地が決まり、資金の目途が立ち、住宅の設計プランが固まったら工務店と工事請負契約を締結します。
この時、住宅ローン契約も契約するのが基本です。
工務店との契約完了したあとのフローで最初に行われるのは、基本的にはより詳細なプランを決めることです。
使用する壁や床、外壁などの建材とともに、照明やカーテンなどのインテリアも確定させます。
具体的なプランが決まれば着工ですが、土地の清め、工事の安全を祈願する地鎮祭を希望することも可能です。
着工時には工事費用の一部を入金するのが基本で、金額は建築費用の3分の1が目安となります。
その後工事が進み、柱や梁が完成し、さらには屋根のてっぺんの部材に該当する「棟木」を取り付ける棟上げという儀式を工務店のスタッフと施主が集まって行います。
神事としての上棟式を行うことも可能です。
この棟上げの際にも着工時と同様、工事費用の3分の1を支払うのが一般的です。
さらに工事が進み、建物が完成すると設計通りに建てられているかどうかの検査が実施され、これにパスすれば施主への引渡の手続きになります。
引き渡時には住まいの仕様や住宅設備の使い方や注意点などの説明が行われ、完了すると残金となる3分の1の建築費用を入金します。
ここからはアフターサービスへと移行するのが、基本的なフローです。

工務店との打ち合わせで伝えるべき内容

工務店の打ち合わせでは「リビングは吹き抜けにしたい」「中庭を作りたい」など具体的な理想を伝えることが大切です。
出来るかどうかは別として、まずどのような作りにしたいのかを伝えましょう。
その理想の中でこだわりたいポイントについても工務店の担当者に伝えることが重要です。
「収納を沢山作りたい」「狭くてもよいので予算を抑えたい」など、どの点に力を入れて作りたいのかを話しておくのがポイント。
こだわりたいポイントが決まったら、「リビングに大きな楽器を置く予定」「車庫には車とバイクを置く」など更に具体的な内容を伝えます。
具体的なポイントが思いつかないという時は、困っている点について相談してみるのもお勧めです。
「洗濯物を干す場所が狭くて困っている」「収納が少なくて物の置き場に困っている」「テレワークがしにくいので悩んでいる」など、普段の生活で悩んでいることや困っていることを担当者に相談すると、それに合う提案をしてくれることもあります。

工務店によって異なる施工のスケジュール

これから工務店に依頼して家を建てようと考えている方が多くいるかと思われます。
ハウスメーカーと比べて自由度が高いですし、優れたところであれば高い技術力があることも魅力です。
建材の独自の入手ルートを持っていたり、余計な広告費がかからないことが要因となり、費用も安く抑えることが可能です。
ただ、工務店によって完成までのスケジュールに差がある点を把握しておいてください。
建材などの材料の入手ルートによって、スムーズに進むことがある一方で、入手まで時間がかかって待たなければいけないケースだと予定より遅れる可能性が高いです。
また、何度も打ち合わせをする工務店は、一般的な工期よりも長くなりやすいです。
依頼者が納得できる家づくりをしてくれる証でもあるため、打ち合わせを何度もしてくれることは逆に評価するべきポイントになります。
できるだけ早く家を建てて欲しいのであれば、実際に利用した人の意見も参考にしてみることをおすすめします。

柔軟な対応は工務店ならではのメリット

家を建てる時に選択肢の一つに選ばれている工務店を、マイホームの依頼先に検討中の方もいるかもしれません。
工務店は地元を中心にその周辺のエリアを対象としている地元の中小企業です。
大手企業のハウスメーカーは全国で同じ品質の家づくりが求められるため、材料や規格などがあらかじめ決められている場合があります。
そのため希望を通したい時は割高になってしまうことも。
その点工務店は設計の自由度が高くお客様の希望に柔軟な対応ができるため、一からこだわりの家づくりを行いたい方に向いています。
また地元の工務店なら施工中や施工後に聞きたい事があれば気軽に相談しやすく、何かあった際はすぐに駆けつけてもらえることも。
ハウスメーカーよりも知名度やブランド力等は欠けてしまいますが、融通がききやすくアットホームな雰囲気は家づくりにおいてメリットにもなります。
自分らしい暮らしや、無理をせず家族に合った丁度良い家づくりが可能です。

工務店の得意分野は実績を調べて判断

工務店には得分野があるという話はよく聞く話ですが、どうすれば一般人でもそれを知ることが出来るのでしょうか。
工務店に仕事を依頼する側から見れば、依頼内容が得意としている分野に属している方が安心して仕事を任せることが出来ます。
誰でも利用可能な工務店の得意分野の見抜き方があります。
先ずはインターネットで検索して、いくつかの候補を選択します。
選択した候補のホームページを訪問すると、たいていは過去の施工例を掲載しています。
当然自社のホームページに掲載するくらいですから、自身のある仕事内容であることが推測できます。
その施工例の中に多く見られる傾向こそが、その会社の得意分野だと判断出来ます。
専門的なことまでは分からないかもしれませんが、全体的な雰囲気が分かれば十分です。
詳細については、各会社に連絡をいれて確認すれば明らかになります。
具体的な写真を基に質問すれば、的外れな質問になることも無いので明確な返答を受けることが出来ます。

工務店からの引き渡し時に注意すべき点

工務店に建築の依頼をしていた住宅が完成すれば、引き渡しを受けることになります。
その際に注意しておくべき点があるので頭に入れておきましょう。
依頼していた建物が完成して現場に足を運ぶと、多くの人がワクワクした気持ちになります。
しかし、浮かれるのは少し待ってからでも遅くはありません。
先ずは引き渡された物件の中身を隅から隅まで調べる作業を行うことが先です。
傷や汚れなどが有る場合は、その場で工務店側に確認してもらい対処する約束を取り付けておきましょう。
入居した後で見つかった場合だと、入居後の生活で付いてしまった汚れや傷と区別することが出来なくなってしまいます。
どちらの責任かで押し問答になった結果、対応してくれることになったとしても良い気持ちはしません。
まるでクレーマーのような扱いを受けてしまうかもしれません。
据え付けられている設備についても正常に稼働することを確認する必要があります。
全ての点検を終えて問題が無いことが確認出来れば安心して浮かれることが出来ます。

工務店のアフターサービスに含まれる事柄

工務店でも大手ハウスメーカーと同じように充実したアフターサービスを実施しているケースも多く見られますので、住宅を建てる際にはその点にも注目をしていくことをおすすめします。
一般的に住宅の性能維持に関する点においては、建築後1年から10年前後の範囲において保証が受けられる場合があります。
天井からの雨漏りであったり、建付けの変化に伴う調整であったりと、保証の期間内であれば無償や低価格での修理調整を受けられる可能性があります。
設置した住宅設備の故障や不具合の解消も、メーカーの保証にくわえ工務店独自の保証サービスを行っているケースが見られますので、問題やトラブルの発生時にはその部分も伝えておくと良いでしょう。
大手ハウスメーカーと比較して工務店のサービスが極端に低くなるというケースは多くありませんので、安心して良いものです。
もちろんこの点に関しては、店舗によってアフターサービスの範囲や保証に関する年数が異なるものですから、詳細については依頼する工務店に事前確認をしておくことがおすすめです。

工務店に関する情報サイト
工務店の活用方法

このサイトでは工務店を活用したい方に向けて有益な情報をできる限り詳しくご紹介しています。初めて相談する方は勝手がわからず、これで良いのか疑問に思う事が多々あるかもしれません。依頼したはいいけれど、どんな内容でどのように進められていくのかわからないと不安に感じる事も。希望を伝えられずに言われるがまま進めてしまうと後悔する事も考えられます。初めての依頼でも求めている家づくりをサポートしてもらえるように、知っておきたい情報をお届けします。

Search